top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

首都圏の平均マンション賃料、11ヵ月ぶりに下落

東京カンテイは10月17日、2023年9月の三大都市圏のマンション賃料月次データを発表しました。


下記の数値はマンションの1平方メートル当たりの平均賃料であり、賃料水準を保証するものではありません。 これらは情報提供のみを目的としています。 特定の不動産ニーズについては認可を受けた不動産業者に相談してください。

首都圏の1平方メートル当たりの平均賃料は3,566円(前月比0.3%下落)と11ヵ月ぶりの下落となりました。


都道府県別にみると、

都道府県

平均賃料/平米

前月比

東京

¥4,132

変化なし

埼玉

¥2,017

0.3%上昇

千葉

¥1,961

0.1%上昇

神奈川

¥2,488

0.8%下落

東京都と関東近県では、東京都自体が1平方メートル当たり4,132円と変化がありませんでした。 埼玉県は0.3%上昇し、1平方メートル当たり2,017円となりました。 一方、千葉県は0.1%上昇し、1平方メートル当たり1,961円と3ヵ月ぶりに上昇しています。 逆に、神奈川県は1平方メートル当たり2,488円(0.8%下落)と前月に引き続き下落しました。


近畿圏(大阪圏)の1平方メートル当たりの平均賃料は0.7%増の2,205円となり、3ヵ月ぶりに上昇しました。


大阪府も1平方メートル当たり2,482円(0.8%上昇)と3ヵ月ぶりのプラスとなった。 兵庫県は0.4%上昇し、1平方メートル当たり1,867円となり、前月に引き続き上昇傾向が続いています。


名古屋圏に目を移すと、愛知県は1平方メートル当たり1,983円と0.9%下落し、地域全体では1平方メートル当たり1,935円と0.8%下落、愛知県と全域で2ヵ月連続の下落となりました。


参考:

東京カンテイ 2023年9月賃料動向レポート

Rent Data Sept 2023 Kantei
.pdf
ダウンロード:PDF • 637KB

出典:

R.E. Port ニュース(2023年10月)

Comments


Commenting has been turned off.
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page