top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

新潟市の利回りが全住宅タイプでトップに

住宅投資用不動産の広告に特化した日本の不動産ポータルサイトである健美家は、年2回の全国総利回りランキングレポートの結果を発表しました。


データは2023年1月から6月までにウェブサイトに新規掲載された物件を対象に集計されました。

 
主なポイント
  • 利回りは新潟市が独占し、全物件タイプで10%を超えました。

  • すべてのカテゴリーで表面利回りが増加したのは新潟市と堺市だけでした。

  • 横浜市、千葉市、京都市の3市では利回りが減少しました。

 

健美家では、分譲マンション、木造一棟ビル、鉄筋コンクリート一棟など、あらゆるカテゴリーの収益住宅の利回りを測定しています。


調査対象は政令指定都市にある物件のみとなっています。これらの都市は、他の法的指定の中でも特に人口が 500,000 人を超える都市です。


東京 23 区はこの法的定義から除外されています。


健美家 の調査結果は次のとおりです。

データ提供:建美家


2022年下半期を対象とした前回のレポートから連続記録を継続し、新潟市は再び総利回りでトップの座を確保し、3つの不動産カテゴリーすべてで10%を超えました。


調査対象20都市のうち、地層マンションでは6都市、木造一棟建てでは11都市、鉄筋コンクリート一棟建てでは7都市で利回りが上昇しました。


全物件で利回りが上昇したのは新潟市と堺市のみで、横浜市、千葉市、京都市の3都市は利回りが低下しました。


注目すべき変化としては、熊本市が木造一棟建築部門で6位から10位に下がったことなどが挙げられます。


鉄筋コンクリート建築物全体部門では、仙台市が14位から6位に上昇、千葉市が6位から12位に低下、さいたま市が11位から15位に低下しました。


次のレポートは 2024 年 2 月に発表される予定です。


出典:

健美家ニュース ( 2023年7月)



Comments


Commenting has been turned off.
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page