top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

首都圏の分譲マンションの平均賃料は2ヵ月連続で下落

東京カンテイは2023年11月16日、2023年10月度の三大都市圏におけるマンション賃料の月次推移を公表しました。


この数値は、賃貸マンションの1平方メートル当たりの公示賃料を換算して算出したものです。


首都圏の平均賃料は3,541円(前月比0.7%下落)で、2ヵ月連続の下落となりました。


都道府県

1平米あたりの平均賃料

前月比

東京

¥4,105

0.7%下落

埼玉

¥2,036

0.9%上昇

神奈川

¥2,474

0.6%下落

千葉

¥1,988

1.4%上昇

都道府県別に見ると、東京都は4,105円(0.7%下落)と4ヵ月ぶりの安値となり、神奈川県は2,474円(0.6%下落)と3ヵ月連続の下落となりました。


逆に埼玉県は2,036円(0.9%上昇)、千葉県は1,988円(1.4%上昇)と上昇しました。


大阪圏(近畿圏)の平均賃料は2,196円(0.4%下落)と再び微減となっています。


大阪府は2,476円(0.2%下落)と小幅下落したが、兵庫県は1,875円(0.4%上昇)と小幅ながら3ヵ月連続上昇となりました。


中部圏の平均賃料は1,939円(0.2%上昇)で、 愛知県は1,986円(0.2%上昇)と微増の傾向にあります。


参考:
東京カンテイ 2023年10月分譲マンション平均賃料レポート
Tokyo Kantei October 2023 Average Condo Rent Report
.pdf
ダウンロード:PDF • 484KB

出典:

R.E. Port ニュース (2023年11月)

Comments


Commenting has been turned off.
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page