top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

全国における1棟投資用マンションの平均利回り、2ヵ月連続で低下

健美家コーポレーションは11月1日、日本の全国平均住宅投資不動産市場動向に関する2023年10月レポートを発表しました。


健美家 は、所有者が居住する不動産を宣伝する他のポータルとは対照的に、居住用の投資不動産のみに焦点を当てた日本の不動産ポータルです。


そのためソース データは 健美家の Web サイトに登録された物件募集リストから得られます。


このレポートは、全国の平均価格と総利回りのデータに焦点を当てており、区分マンション/木造アパート/鉄筋コンクリート一棟集合住宅といった3 種類の投資不動産について傾向を示しています。


変化率は、前月のレポートからの変化、または前月比の変化を指しています。

建美家 の提供により Patience Realty がグラフを翻訳


区分マンションの平均価格は1,830万円(前期比5.23%上昇)となりましたが、利回りは2ヵ月連続で低下し、0.25ポイント低下の6.75%となりました。

建美家 の提供により Patience Realty がグラフを翻訳


木造アパートは、物件価格が2.32%下落し7,796万円と2ヵ月連続の下落傾向が続きました。 ただし、グロス利回りは0.03ポイント微上昇し、2か月連続で8.08%となり、8%台となりました。

建美家 の提供により Patience Realty がグラフを翻訳


鉄筋コンクリート造集合住宅も物件価格が下落し、0.08%下落して1億7,315万円となった。 プラス面としては、総利回りが0.10ポイント上昇し、7.76%に達しました。


次のレポートは 12 月の第 1 週に公開される予定です。


参考:

pre2023-11-01
.pdf
ダウンロード:PDF • 843KB

出典:


Comments


Commenting has been turned off.
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page