top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

2023年10月度の東京の中古戸建平均売買価格は16.4%上昇

東京カンテイは11月9日、2023年10月の主要大都市圏・都市部の中古一戸建て住宅の平均価格動向を発表しました。


調査対象は、敷地面積100~300平方メートル、最寄り駅までの移動時間が徒歩30分以内またはバスで20分以内の物件です。


さらに、所有権の不動産のみが対象とされ、借地権は入っていません。


すべてのパーセンテージは、前月からの変化を反映しています。

 
主なポイント
  • 首都圏の中古一戸建ての平均価格は、東京都の16.4%上昇を筆頭に5.2%上昇しました。


  • 神奈川県は3.2%減と5年連続の減少となりましたが、千葉県は1.9%増加しました。


  • 兵庫県は4.9%下落、京都府は0.5%下落したのとは対照的に、大阪府は3.8%上昇しました。


  • 中部地方は2.4%上昇しましたが、愛知県は1.3%下落に転じ、 宮城県は10.3%上昇しました。


  • 福岡県 は 3.1% 上昇し、2023 年 10 月の住宅価格全体のプラス傾向に貢献しました。

 

首都圏では平均価格が反転上昇して平均3,990万円となり、 前月比では5.2%増加しました。


首都圏は、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県で構成されています。


都道府県別にみると、

都道府県

中古戸建平均売買価格

前月比

東京

6620万円

16.4%上昇

千葉

2740万円

1.9%上昇

埼玉

2822万円

1.9%下落

神奈川

4015万円

3.2%下落

東京は平均価格6,622万円(16.4%上昇)と大きく逆転しました。


一方、神奈川県は平均価格4,015万円(3.2%下落)で5ヵ月連続の下落となりました。


千葉県は2,740万円(1.9%上昇)と反転上昇したものの、埼玉県は2,822万円(1.9%下落)と再び下落しました。


全体として、東京の価格上昇により首都圏全体が上昇傾向にありました。


近畿圏では平均価格が反転して 0.9%下落し、平均2,848万円となりました。


都道府県別では、大阪府が3,268万円(3.8%上昇)と逆転したのに対し、兵庫県は2,748万円(4.9%下落)と下落しました。


京都府は3,475万円(0.5%下落)と4か月ぶりの上昇傾向に転じました。


中部圏の戸建中古平均価格は2,567万円(2.4%上昇)と3ヵ月連続の上昇となりました。


一方、愛知県は3,031万円(1.3%下落)と下落に転じました。


宮城県は平均価格2,728万円(10.3%上昇)と大きく逆転しました。


福岡県も2,502万円(3.1%上昇)と2ヵ月連続の上昇となりました。


参考:

東京カンテイ 2023年10月 戸建中古平均価格推移レポート

Tokyo Kantei Oct 2023 Second Hand SFH Report JA
.pdf
ダウンロード:PDF • 270KB

出典:

Comments


Commenting has been turned off.
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page