top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

東京の土地区画規制が手の届きやすい価格の住宅を促進する理由

2 人の Youtuber が、なぜ東京が現在のような姿になっているのか、そして 1968 年に遡って定められた日本の国土区画分類が、北米の都市と比較して比較的手頃な住宅が手に入る地域と見なされていることに貢献していると考えられる理由を説明します。


なぜ日本はこうなっているのか: ゾーニング

自分の家を持ちたいですか? 次に、日本がさまざまな土地の制限区域をどのように分類しているか、建ぺい率 (BCR) と容積率 (FAR) がこれらの区域にどのように適合するかを学ぶことは、ライフスタイルに合った家を建てるのに必要な適切な広さの土地を見つけるために不可欠な知識です。 


Life Where I'm From の提供による上記のビデオは、住宅の所有を目指す人向けに、上記の区画法の簡潔な概要を提供しています。



なぜ東京には手頃な価格の住宅がたくさんあるのに、アメリカにはそれがないのか

最初のビデオと同様の見解で、YoutuberのCritical Dispatch は、なぜアメリカのユークリッド・ゾーニング、別名排除型ゾーニングの慣行がアメリカの多くの都市で現在の住宅不足と手頃な価格の問題の一因となっているのか、そしてなぜ東京には同じ問題がないのかについて論じています。


どちらのビデオも、住宅建設を志す人に日本の土地区画法に関する簡潔な入門書を提供しており、日本でマイホームを建てようとしている人にはぜひ視聴することをお勧めします。


参考リンク

Comments


Commenting has been turned off.
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page