top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

東京のシェアハウス、74%が竣工前に賃貸済み

日本の有名企業であるコクヨ株式会社は、東京の東急大井町線の戸越公園駅近くに、同社初のシェアハウスベンチャーとなるTHE CAMPUS FLATS TOGOSHIをオープンするというユニークなコンセプトを導入しました。

 
主なポイント
  • 多くの部屋には専用シャワーやキッチンがありませんが、請求される家賃は市場と比べて競争力のある値段です。

  • 入居者は全員日本人です。 外国人によるシェアハウスのテナント構成と比較すると新しい現象です。

  • 部屋のレンタルに加えて、この物件は居住者や一般向けに専用のレンタルスタジオスペースを提供しています。

 

建美家が 10 月 9 日に報じたように、この変革には従業員寮をモダンな居住空間に改装することが含まれており、さまざまな興味や活動に対応するさまざまなスタジオも組み込まれています。


提供©コクヨ


この施設の特徴は、幅広いアクティビティに対応できるように設計された 8 つのスタジオ スペースの存在です。 地上階と地下階にあるスタジオで、賃料とは別の使用料でご利用いただけます。

これらのスタジオ スペースは、フィットネスや料理から、ワークショップ、イベント、カウンセリング、オンライン ミーティング、リラクゼーション、美容トリートメント、さらには小売店や展示会のための屋外ポップアップ スペースに至るまで、さまざまな興味に応えます。 これらのスタジオは居住者専用ではありません。 外部の人も予約でき、居住者は 10% 割引を受けられます。


提供©建美家


「THE CAMPUS FLATS TOGOSHI」は、9月1日の正式オープン前から74%の住戸が賃貸申込を完了しており、その人気の高さが伺えます。


そこで疑問が生じます。なぜシェアハウスのコンセプトが日本の入居者にとってこれほど魅力的なのでしょうか?


重要な要因の 1 つは、若い世代の考え方の変化です。 コクヨ株式会社の荒川千秋氏は、ミレニアル世代を対象とした調査からの洞察を共有し、かなりの割合が継続的な自己改善への欲求と副業への関心を表明していることを明らかにしました。


提供©コクヨ


この施設は、居住者の挑戦と自己啓発の追求をサポートすることを目的としています。 住む場所から実験する場所へ、閉鎖的な空間から都市に開かれた空間へ、共有空間からスタジオ空間へという3つの異なる提案を提供します。


THE CAMPUS FLATS TOGOSHIは、従来、くつろぎや社交の場であったラウンジを実験的なスタジオに変えることで都市に開かれ、居住者だけでなく非居住者の利用も促進します。


提供©コクヨ


このコンセプトに共鳴する若者たちは、これまで躊躇していたスペースや費用の障壁なしで自分の情熱を探求する機会と考え、熱心に入居の応募をしています。


提供©コクヨ


賃料に関しては、この物件は競争力のある価格設定となっています。 レンタルユニットは2階からあり、お部屋タイプ、広さ、アメニティも様々です。 賃料は市場平均と一致していますが、リース条件が柔軟であることが特徴です。


入居者は3か月から1年の範囲で契約を選択でき、更新のオプションもあります。 ただし、これらの契約は短期的な性質があるため、頻繁に入れ替わりが発生し、新たなリース契約時に受け取る初期契約料が増加する可能性があります。


住宅の賃貸料に加えて、スタジオの使用料もこの物件のもう 1 つの収益源となります。 入居希望者はオリエンテーションに参加し、スタジオの使用目的について話し合うため、明確な志を持った入居者が集まります。


これらのスタジオは、賃貸料と同様に、不動産の収入に大きく貢献すると期待されています。


運用コストを最小限に抑えるために、コクヨはスマートテクノロジーを導入し、さまざまなプロセスを自動化しました。 居住者はスマートロックを介してユニットやスタジオにアクセスできるため、従来のチェックインサービスが不要になります。


出典:

Comments


Commenting has been turned off.
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page