top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

東京の中古マンションの平均売買取引価格は41カ月連続で上昇

東日本不動産流通機構は11月10日、10月の首都圏中古マンション売買実績を発表しました。

取引報告件数は3,287件に達し、前年同月比7.0%増と、5か月連続の増加傾向が続いています。

都道府県別にみると、

都道府県

2023年10月販売件数

前年比

東京

1,774

7.4%上昇

神奈川

787

11.0%上昇

埼玉

357

7.5%上昇

千葉

369

2.6%下落

都道府県別では、東京都が1,774戸(7.4%増)、埼玉県が357戸(7.5%増)、千葉県が369戸(2.6%減)、神奈川県が787戸(11.0%増)となりました。


千葉県が3カ月連続の減少幅を拡大した一方、東京、埼玉、神奈川は連続増加が続いています。


1平方メートル当たりの平均取引価格は74万5,500円(前年同月比7.4%上昇)となり、連続上昇傾向は42ヵ月となりました。


区分マンション1件当たりの平均取引価格は4,765万円(前年同月比8.4%上昇)と41ヵ月連続の上昇となりました。


新規売出し物件数は17,036戸(同3.6%増)と10か月連続で増加し、前月に比べ伸びが若干鈍化しました。


新規売出し件数の伸びはやや鈍化したものの、販売マンションの掲載在庫総数は4万6,312戸となり、前年同月比14.9%増と20か月連続の増加となりました。


戸建住宅に目を向けると、10月の首都圏の取引件数は1,220戸に達し、前年同月比0.7%増となり、22か月連続の取引減少に終止符を打ちました。


戸建住宅の平均取引価格は3,947万円(同5.9%上昇)となりました。


参考:

レインズ2023年10月度首都圏取引動向レポート

mw_202310_summary
.pdf
ダウンロード:PDF • 1.11MB

出典:

Comments


Commenting has been turned off.
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page