top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

沖縄県北部の新テーマパーク「ジャングリア」と命名

刀とジャパンエンターテインメントは2023年11月27日、共同で進める沖縄県北部テーマパークプロジェクトの名称を「JUNGLIA(ジャングルア)」に決定し、2025年の開業を目指していると発表しました。 
ジャングリアのCGイメージ

テーマパークの俯瞰CG画像(提供:JUNGLIA) 


ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の立て直しに貢献したことで知られる刀のCEO、森岡毅氏は、USJ在職中に構想したジャングリアの取り組みを先導しています。 


刀のCEO森岡毅氏

森岡毅氏©️産経新聞 


コムキャストがユニバーサルの親会社であるNBCユニバーサルの支配株を買収した後、ユニバーサルスタジオは構想を断念したが、森岡氏は粘り強く、刀を通じてジャングリア実現に向けた取り組みを再開ていました。 

  

ユネスコ世界自然遺産のやんばるの森がある沖縄北部のこの場所には、かつて120ヘクタールのゴルフコースだった60ヘクタールの土地があり、大阪近郊のUSJと同規模の広さとなります。 

  

今回開発される以外の残りの土地は、将来の拡張のために確保されます。  

現在のジャングリア開発地の様子

さらに、ジャングリアが開発される土地はゴルフ場だったため、新しいテーマパークのために森林伐採を最小限に抑える必要があります。このコンセプトは、この地域の広大な森林と自然を活用し、都会とは異なる興奮と贅沢な体験を提供することに重点を置いていて、森岡氏は、やんばるならではの本物の体験と日本の豊かな文化を提供することを目指していることを強調しています。 



ジャングリアのプロモーションビデオ 


ジャングリアの目的は、娯楽の域を超え、日本の観光産業に貢献することを目指しています。森尾氏は、観光は日本の継続的な繁栄に不可欠であると考えており、沖縄が観光客を誘致する潜在力を強調しています。 

  

戦略的に観光地として開発されているハワイと類似点を挙げ、森尾氏は沖縄にはさらに大きな可能性があると考えており、ジャングリアの例を通じてこの地域への日本の投資を増やすよう促しています。 

  

開業時の主なターゲットは国内観光客で、その後はインバウンド観光の滞在先を開発する予定です。この取り組みは、日本全国、特に本島のあまり旅行されていない北部地域からの沖縄への訪問を増やすことを目的としています。 

  

地元のコミュニティやインフラとの連携が鍵であり、すでに合意が成立しており、利益を地元で分配するための投資ファンドが設立されています。 

  

ジャングリアの資金は約 700 億円ですが、戦略的に 1,000 億円以下に抑えられており、ジャングリア規模のテーマパークを設置できる地域は世界で数十か所しかないため、拡張性とグローバル展開が可能です。 


出典: 



Comments


Commenting has been turned off.
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page