top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

積水ハウスが米国大手建設会社を買収、全米トップ5の座を確保

積水ハウスは2024年1月18日、米国の上場建設業者であるMDCホールディングス(本社:米国コロラド州、CEO:デビッド・マンダリッチ)の全株式を、積水ハウスの子会社であるSHレジデンシャルホールディングスを通じて取得することを決定したと発表しました。


 
主なポイント
  • 積水ハウスは米国の建設会社MDCホールディングスを買収し、当初の目標を超えて1万5000戸まで大幅に拡大します。


  • 49億5,000万ドルの取引は積水ハウスの海外M&A費用としては最高額となりますが、最終的には MDC の株主決議の結果次第となります。


  • ニューヨーク証券取引所に上場している MDC ホールディングスは、2022 年度に 9,710 戸の住宅を供給し、全米で 11 位にランクされました。

 

積水ハウスは、家づくりのノウハウを活かし、日本で培った高い価値あるライフスタイル提案をベースに、積極的に海外展開を行っています。


積水は、2017 年のウッドサイド ホームズ カンパニーの買収を皮切りに、米国市場に本格的に進出しました。


積水ハウスは2025年までに1万戸の住宅を供給するという目標を掲げて買収を続け、2022年には5,357戸の供給に達しました。

MDCホームの事例


MDC は 16 の州と 34 の都市で建設業者として事業を展開しており、ニューヨーク証券取引所に上場されています。 同社は2022年に9,710戸の住宅を供給し、全米中11位となりました。


最近の MDC の買収により、積水ハウスは当初の目標である 10,000 戸を大幅に上回り、約 15,000 戸まで拡大し、米国のトップ 5 の建設会社に入る地位を獲得しました。


同社は買収後、ツーバイフォー住宅と木造シャーウッド住宅の2本柱に重点を置いて販売体制を拡大する計画です。


株式の取得額は49億5,400万ドル(約7,200億円)となり、積水ハウスの海外M&A史上最高額となります。


買収の完了は、2024年上半期に予定されているMDCの総会での株主決議が条件です。

積水ハウスCEO 仲井 嘉浩氏


積水ハウスの仲井 嘉浩代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)は18日の記者会見で、「エム・ディー・シーは当社と同様に約50年の歴史を持つビルダーであり、非常に堅牢で安定した設備を備えている」と述べた。 「米国での年間供給戸数1万戸という目標を達成し、米国でのM&A戦略はひとまず完了しました。今後はさらなる組織強化と販売力の強化を目指します。」


出典:

コメント


コメント機能がオフになっています。
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page