top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

日本への観光客数は2023年10月に252万人を超え、新型コロナウイルス感染拡大以前の水準に

2023年11月15日に発表された公式データによると、10月の訪日観光客はパンデミック前の水準を上回り、昨年始まった入国規制の緩和以来大幅な回復を記録しました。

 
主なポイント
  • 2023年10月の外国人訪問者数は252万人に増加し、新型コロナウイルス感染拡大前の2019年10月の水準の100.8%に達しました。


  • 入国規制の緩和や円安などが要因とされています。


  • 国際線の回復も、特にカナダ、メキシコ、ドイツからの航空便の増加を後押ししました。


  • 中国からの回復が遅れているにもかかわらず、日本は2023年の最初の10か月間で2000万人近くのインバウンド観光客を迎えました。

 

日本政府観光局(JNTO)によると、先月の外国人観光客はビジネス・観光合わせて252万人に達し、9月の218万人から増加しました。


訪問者数は現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生により世界的な旅行制限が始まる前の2019年10月に記録された水準の100.8%に達しています。


日本は2022年10月に厳格な入国規制の一部を解除し、多くの国でビザなし渡航を再開、最終的には2023年5月までに残りの規制をすべて撤廃しました。


2023 年 10 月までの過去 5 か月連続で、到着者数は一貫して月間 200 万人を超えました。 円安の影響もあり、日本は魅力的で手頃な価格の旅行先となっています。


JNTOが強調したように、10月の数字は国際線がパンデミック前の水準の80%に回復したことと、東南アジア、北米、ヨーロッパ、オーストラリアなどのさまざまな地域からの堅調な需要によって支えられています。


特に、カナダ、メキシコ、ドイツからの旅行者は、月別としては前例のない最高値に達しました。


中国本土からの訪問者数は引き続きゆっくりと回復しており、2019年10月の数を65%下回ったままですが、他の国からの訪問者が大きく貢献しています。


2019年、中国人観光客は日本を訪れる観光客全体のほぼ3分の1、観光客支出の40%を占めた。


JNTO のデータによると、2023 年の最初の 10か月間で日本を訪れた観光客は約 2,000 万人で、2019 年全体では過去最高の約 3,200 万人でした。


参考:
Number_of_Visitor_arrivals_to_Japan_in_Oct_2023
.pdf
ダウンロード:PDF • 54KB


Comments


Commenting has been turned off.
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page