top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

「The Ghost Ski Resorts-第3章」は廃墟化した日本のスキーリゾートを特集

更新日:2月1日

2024年1月9日、フランスの独立系スキー・スノーボードメーカーブラッククロウズは、バブル崩壊後の日本のスキーシーンに焦点を当てたYouTubeシリーズ「The Ghost Ski Resorts」の第3章を公開しました。


同社のウェブサイトで共同創設者のカミーユ・ジャック氏は次のように述べています。「ブラッククロウズにとって、ゴーストリゾートシリーズはスキー文化、レガシー、黄金時代、生命が存在したことへの探求と、閉鎖された今もスキーが楽しめる場所が残っていることを取り上げています。」


この章では、80年代のブームを鮮明に覚えている一方で、90年代の日本のバブル崩壊後の不況とその後の放棄を背景に、かつてはスキー天国と考えられていた場所が廃墟と化す様子を目の当たりにした野沢温泉地域生まれの地元住民にインタビューしています。

このストーリーは、日本の地方に関するテーマを強調しています。 交通の便が良く、安価な土地を購入できるチャンスです。 これら 2 つの要素は、長期的な視野を持つ人に投資の機会を提供します。


2023年10月、ブルームバーグは、北海道のニセコが示した事例を参考に、この地域を活性化するために、ペイシャンス・キャピタル・グループが妙高高原地域への2,000億円規模(この記事の執筆時点で約13億7,000万米ドル)の投資を主導していると報じた。 


ディスクレーマー- ペイシャンス・キャピタル・グループは ペイシャンスリアルティ の共同所有者です。

ペイシャンス・キャピタル・グループの創設者ケン・チャン氏はブルームバーグの記事で、ニセコが今日の姿になるまでに19年かかったが、妙高はもっと短期間で同じレベルに到達できると述べました。 理由としては、ニセコに比べてはるかに多額の先行投資を行ってきたことや、妙高が東京に近くて便利であることが挙げられました。


スキー以外にも、西日本の直島や瀬戸内地域など、他の地方地域もさまざまな活性化の道を提供しています。


かつて銅精錬所の町だったこの場所は、スキーリゾートの代わりに、日本有数のアートとウェルネスの目的地に変わりました。 日本のスキー場がウィスラーやベイルと並び称されるのを競う中、直島と瀬戸内エリアはルーブル美術館と同等の評価を目指しています。

雪にせよアートにせよ、日本の地方創生という考え方は、インバウンド観光客の急増がなければこれほど話題になることはなかったでしょう。


2012年以来、日本のインバウンド観光市場は前例のない成長を遂げましたが、中断されたのはパンデミックだけでした。 しかし、2023年10月以降、インバウンド観光客が2019年比の月次数値を上回っただけでなく、あらゆる国籍のホテルの1日平均宿泊料金も上昇しました。


地方を世界的に注目される場所にするという日本が長年挑戦してきた手段は、徐々に現実のものになりつつあります。


ペイシャンスリアルティ株式会社では、日本で大規模プロジェクトの開発を検討している大規模なオフショア投資家向けにオンショア融資の実行をサポート可能です(規約が適用されます) 詳細については、この記事を引用して info@patiencerealty.com までお問い合わせください。

参考:

あなたは「生きがい」を知っていますか?  (English only)(2023年グローバル・ウェルネス・サミットにおけるペイシャンスリアルティ社長 鈴木聡一氏によるプレゼンテーション)



コメント


コメント機能がオフになっています。
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page