top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

国土交通省、不動産クラウドファンディングについての新たなガイドラインを発表

国土交通省は9月29日、クラウドファンディングを活用した不動産特定共同事業に関する新たな実務ガイドラインを公表しました。

 
主なポイント
  • 不動産クラウドファンディングは2022年度に急増し、件数は419件、投資額は604億円となりました。

  • このガイドラインは、不動産特定共同事業法に基づく適正な事業運営と投資者保護の確保を目的としています。

  • このガイドラインは、クラウドファンディング運営を成功させるための組織構造、リスク軽減、マーケティング戦略に関する実践的な洞察を提供します。

 

この発表の目的は、不動産クラウドファンディングの経験が限られている企業をサポートし、投資家保護とリスク管理の責任ある実践を奨励し、最終的にはクラウドファンディング資産の利用を促進することです。


2022年度の不動産特定共同事業法に基づく不動産クラウドファンディングは、件数419件(前年度約1.85倍)、投資総額約604億円(前年度約2.61倍)と大きく伸びました。


これらの資金は、老朽化した施設の改修・再生や地方の不動産投資などに幅広く活用されています。


ガイドラインでは、不動産クラウドファンディングを実践する際に必要な組織体制や管理体制などを実務段階ごとにわかりやすく解説しています。


また、潜在的なビジネス リスク、複雑化を引き起こす要因、必要な予防措置、重要な考慮対象事項についても、図解を使用して概説しています。


さらに、このガイドラインは、不動産 CF 業務で成功を収めるためのマーケティング戦略、イノベーション、ベスト プラクティスについての洞察を提供します。



出典:

Comments


Commenting has been turned off.
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page