top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

10月6日週の主な不動産関連ニュース

今週、フィナンシャル・タイムズ、CNBCの各紙と、CLSAのアナリストであるニコラス・スミスが日本の不動産と経済全般について多くのことを語りました。

 
主なポイント
  • フィナンシャル・タイムズ紙のレオ・ルイス氏は10月2日、「海外の不動産購入者は日本をチャンスだと認識している」と書いています。

  • CNBCのリー・インシャン氏は10月3日、「外国投資が45%急増し、日本の不動産セクターは『黄金期』を迎える」と書きました。

  • CLSAのニコラス・スミス氏は10月5日、ブルームバーグで日本のイールドカーブ・コントロールは4月までになくなる可能性が高いと予測しました。

 

10月2日、フィナンシャル・タイムズのレオ・ルイスは、日本が観光地から不動産投資の温床に変わり、2023年には不動産情勢に顕著な変化が見られると述べた長文の記事を執筆しました。


円安や借入コストの低さなどの要因により、シンガポール・香港・中国本土の個人は、高級マンションを求めて東京、将来的なカジノ開設で大阪、山間のリトリートを求めて軽井沢、 リノベーションされた木造邸宅なら京都、名門スキーロッジはニセコなど、日本の都市の不動産を積極的に購入しています。


不動産仲介業者は外国人バイヤーからの問い合わせが急増していると報告しており、機関投資家、政府系ファンド、プライベートエクイティ会社、企業も市場に数十億ドルを注ぎ込んでいます。


これらの投資家は、日本の政治的安定、安定した資金調達環境、成長の兆しに魅力を感じています。


日本の不動産に対する機関投資は大幅に増加しており、海外からの投資は2023年上半期には前年同期の3,621億円から5,130億円に達しました。


東京は世界で最も投資しやすい都市の一つとなり、多額の資金を惹きつけています。 円安を受けて、シンガポール人は積極的な国境を越えた投資家として台頭しています。


投資戦略は物流、ホテル、旅館、レストランなどの成長セクターにシフトしており、これらはいずれも新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響を受けましたが、現在は国際観光客の増加で回復しています。


日本市場の流動性は、シンガポールの政府系ファンドGICによる東京の汐留シティセンター超高層ビルの売却の可能性など、大規模取引の機会を生み出しています。



10月3日、CNBCは、円安と日本中央銀行の超緩和金融政策により、日本の不動産分野への海外投資が急増しているとの記事を掲載しました。


CBREのアジア太平洋調査責任者、ヘンリー・チン氏によると、今は日本の不動産にとって黄金期であり、小売・集合住宅部門の透明性と強固なファンダメンタルズが原動力となっています。


70%の融資対価値比率や低い借入コストなど、日本の有利な融資条件も需要を押し上げています。



10月5日、CLSA日本ストラテジストのニコラス・スミス氏がブルームバーグテレビに出演し、為替市場、日本国債への日銀介入の可能性、銀行セクターに対する自身の見解について洞察を共有しました。

提供©️ブルームバーグ


Comments


Commenting has been turned off.
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page