top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

日銀、2024年最初の金融政策決定会合で利上げを据え置く

日本銀行は今週、2%の持続的インフレ目標の達成が視野に入っているとの確信を示唆しましたが、火曜日の2024年最初の金融政策会合では利上げを見送りました。

 

理由としては、労働組合からの賃上げ要請への懸念や、1月1日に発生した石川地方の地震による経済への影響が不透明であることが挙げられています。


以下は日銀の発表に対する反応を示す 3 つのテイクであり、すべて CNBC から提供されたものです。

 

ニューバーガー・バーマンのシニアバイスプレジデント兼ポートフォリオマネージャーである岡村 慧氏は、「日本経済にとって、過去数十年のデフレから完全に脱却する極めて重要な瞬間になるだろう」と述べました。


 

パインブリッジ・インベストメンツのスティーブン・オー氏は、「狭まってきたその窓は実際のところは…4月のタイミングを示しているのではないか」と語る。



 

元日銀副総裁の若田部昌澄氏は、インフレが「少しペースダウンしている」こともあり、日銀にはマイナス金利政策の解除決定を待つ余裕があるのではないかと述べました。



Bình luận


Bình luận đã bị tắt.
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page