top of page
検索
  • 執筆者の写真Tsubasa Yajima

子育て世帯への金利を優遇する【フラット35】子育てプラスを新設へ

住宅金融支援機構は11月10日、フラット35の金利引き下げ制度の一環として、子育て世帯の子供の人数に応じて金利を引き下げる新たな融資制度(仮称「フラット35 子育てプラス」)の創設を発表しました。 


この取り組みは、11月2日に内閣府が閣議決定した「デフレ完全脱却のための総合経済対策」に沿ったものです。


新たな制度は、子どもたちの健やかな成長を促す環境を整備することで少子化対策に貢献することを目的としています。

フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構(JHF)が連携して設立した、安定した長期固定金利の住宅ローンです。 民間金融機関が借り手に融資を行い、その債務を住宅金融支援機構に移管する制度です。 その後、住宅金融支援機構はその債務を住宅ローン担保証券に再パッケージ化し、このプロセスを通じて資金を生成します。

このプログラムは、2023年の度補正予算が承認された場合、団体のウェブサイトで発表される資金受取日から適用が開始されます(注:2024年2月13日以降の資金受取分から適用されることが正式に発表されました)


「フラット35子育てプラス」は、18歳未満の子どもを育てる世帯または夫婦の一方が40歳未満の夫婦を対象とし、子どもの数に応じて一律に金利を引き下げる制度です。


金利引き下げ幅はこれまでの年最大マイナス0.5%から新たに年最大マイナス1%に拡大されました。 この子育てプラスの利子軽減提案は、ゼロ エネルギー ホーム (ZEH) の取得やその他の高評価の長期優良住宅認定など、現在提供されている軽減制度と互換性があります。


出典:

参考:

フラット35子育てプラス

Flat 35 with Children Flyer JA
.pdf
ダウンロード:PDF • 2.49MB

Comments


Commenting has been turned off.
Working on Laptop

最新のインサイトレポートをメールで直接入手

購読ありがとうございます。

1 日以内に、最新の記事へのリンクがメールの受信箱に配信されます

bottom of page